競売物件のメリット リスク

○メリット

1.相場よりも安く不動産を購入できる
不動産競売物件は、市場価格と比較して30~40%以上安く物件を購入できる可能性があります。やはりこの価格面が最大のメリットといえるでしょう。
格別に安いときは何かがあると思われるので注意が必要です。

2.裁判所が権利関係を整理してくれるので安心
不動産競売物件は裁判所を介して事務処理が行われるので、所有権の移転登記や抵当権等の抹消登記が確実に行われます。

3.銀行ローン(住宅ローンや事業用不動産ローン等)が利用できる
民事法の改正により、不動産競売物件を購入する場合に、ローンを利用することが可能です。
※ローンが必ず通るとは限りません。収入や資産の状態により、ローンの利用が出来ないこともあります。
その他のメリット

4.自分で入札価額を決定できる。

5.諸費用が一般の不動産売買に比べて安い。

6.物件入手の代金に消費税がかからない。

7.民事執行法等、トラブルを未然に防止するシステムが充実している。

8.一般売買の物件よりも裁判所が作成した物件資料が充実している。

○リスク

1.内覧ができない
通常の不動産売買ですと、購入前に物件を下見することは、当然できますが、競売不動産(建物)では、全て下見できる物件であるとは限りません。

2.競売物件を買ってもすぐに住めない不動産もある
一般の不動産売買ですと、不動産の代金支払いに関しては、物件の引渡しを受けるまでは拒否できますが、不動産競売では、この関係は成立しません。

3.買った競売物件に欠陥があっても責任を追及できない
不動産競売で手に入れた物件に関しては、売主である裁判所に責任を追及することはできません。

4.不動産競売参加には、保証金が必要
不動産競売の場合には、買受けを希望する人は、物件ごとに決められている「買受保証金」という保証金を納めなければいけません。

5.落札できるか不透明
競争入札ですので、入札に参加しても、必ず落札できるとは限らないので、時間・費用をかけて調査しても購入できない場合があります。
(落札できない場合には、保証金は全額返還されます)

東京競売物件のリスク

競売物件メール問合せ


t02200266_0496060012054878784.jpg

はじめまして。
私が競売物件取得をサポート致します。
ー荒井法雄の経歴ー
【不動産業務】
売買仲介・賃貸仲介・賃貸管理・買取り・売主業・競売物件入札
【不動産担保業務】
融資・不動産調査・回収・銀行交渉・強制執行手続き・競売手続き・登記関係業務
【資格】
宅地建物取引士・相続診断士・住宅ローンアドバイザー・ERA住宅性能保証担当・貸金業務取扱主任者合格・柔道二段